埼玉県農協健康保険組合

埼玉県農協健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

人間ドック・脳ドック・肺ドック・PETがんドック受診への助成

当健保組合では、特に生活習慣の改善が必要な方の健康づくりを応援するため、人間ドック等の受診費用について助成を行っています。是非積極的な受診をお願いいたします。

事業の内容

対象者

  • ①40歳以上の加入者(被保険者・被扶養者) ※その年度に40歳を迎える方を含みます。
    • ※人間ドックは当健保組合の特定健診を兼ねています。
    • 加入者家族(被扶養者)の方で、その年度に家族すこやか40健診(特定健診)を別途受診している方は助成の対象になりません。
    • ※1年度につき、人間ドック・脳ドック・肺ドック・PETがんドックのいずれか一つのみが助成の対象になります。
  • ②35歳・38歳の加入者本人(被保険者)
    • ※その年度に上記年齢を迎える方
    • ※人間ドックのみ助成対象となります。

助成の条件

健診結果から保健指導が必要と判断された場合、ドック終了後に保健指導を受けることが条件となります(40歳以上の方)。
前年度に定期健康診断・人間ドック等を受診し、要治療、要精密検査、再検査、または保健指導の対象であるにも関わらず、二次健診や保健指導、事業所の健康セミナーや健康相談を利用していない方には助成の対象となりません。
申し込みから受診までの間に組合から脱退した場合には、助成の対象にはなりませんのでキャンセルの手続きを行ってください。手続きが行われなかった場合には後日返金していただきます。

参考リンク

人間ドック等実施要領

参考リンク
参考リンク

費用

契約病院で受診した人間ドック等の費用のうち、一律に29,000円を助成します。
差額が個人負担となります。受診当日に各病院の窓口にてお支払ください。

  • ※検査項目・費用は病院ごとに異なります。詳しくは、人間ドック等実施要領をご覧ください。

申し込み方法

受診の流れ

  1. STEP1契約病院に電話で予約を取り、「人間ドック等・特定保健指導助成金申請書」に必要事項を記入し、職場の健康管理委員経由で当健保組合に提出してください。
    • ※ファックスでの提出は不可とさせていただきます。
    • ※退職後継続加入者(任意継続被保険者)の方は、当健保組合へ直接ご提出ください。
  2. STEP2 病院から「受診案内」と検査容器が送付されます。
  3. STEP3 保健指導の対象となった方には、メタボ保健指導(特定保健指導)を受けていただきます(保健指導の対象者は40歳以上の方)。
  4. STEP4 受診者宛に、病院から検査結果が郵送されます。異常が認められる場合は速やかに適切な受診をお願いします。
必要書類
  • ※同意書の記入も必須です。
変更とキャンセル 変更やキャンセルが生じた場合には至急医療機関と当健保組合に連絡をお願いします。
変更・キャンセル届

ページ先頭へ戻る